`

形成外科とはMedical Guide

「形成外科」ってどんな診療科かご存知ですか?

耳にしたことはあるけれど、いったい「形成外科」ってどんなところで、どういう症状の時に受診したらよいのでしょうか?
形成外科とは、文字通り「形」を「成す」ことを得意とする専門科です。つまり、体表面のあらゆる病気やけが、見た目のお悩みを広く診療いたします。

からだの表面のあらゆる症状やお悩みに対処いたします。

具体的な診療内容は、切り傷・擦り傷・やけど等のけが、ほくろ・いぼ等のできもの、まぶたのかぶさり(眼瞼下垂症)・さかまつ毛、顔の骨折、指のけが、床ずれ、巻き爪・陥入爪など、頭からつま先までからだの見える部位のあらゆる症状に対応いたします。

さらには、しわ・たるみ・しみ・薄毛・体型の変化といった加齢に伴う見た目の変化や、二重まぶた形成・多汗症治療といった美容医療領域においても、形成外科の知識と技術は必要不可欠なものであり、その専門性を発揮いたします。老若男女を問わず皆さまにとって、実は大変身近な診療科であるといえます。

「形成外科=皮膚・皮下組織」「整形外科=運動器」 の専門科です。

名前が似ていてよく間違えられるのが整形外科ですが、こちらは手足の骨折やねんざ、腰痛などのいわゆる運動器疾患を扱う専門科です。昔から美容外科のことを美容整形と呼ぶこともまた混同する要因かと思われます。また皮膚科とも一部診療内容が重なる部分がありますが、形成外科では、皮膚のお悩みに対して、メスを用いる外科手術のみならず、様々な医療機器や注入療法などを駆使し、できるだけ見た目をキレイに治していくことに重きを置いています。

見た目のキレイを追及することは、けがや手術で一度切り離された組織どうしを解剖学的に正しい位置に修復するということであり、元に近い状態に修復されることは、すなわち機能的にも治すことにつながるのです。このように正常解剖(本来の正しい位置・かたち)を考えながら治療を進めていく形成外科の延長線上に、美容医療があると考えております。

お一人おひとりのからだの状態やお悩みは千差万別であり、それゆえに治療もオーダーメイドであるべきという考えに基づき、当クリニックでは、診断、カウンセリングに十分な時間をかけ、患者さまお一人おひとりとの関係性を築くことを大切にしております。

形成外科の診療内容Medical Guide

その他、皮膚科診療も行っております。まずは一度ご来院のうえ、医師にお気軽にご相談ください。